5月は青森県のツツジが美しい!お花見スポットをご紹介*『七戸町天王神社』/『大鰐町茶臼山公園』


青森と言えば弘前公園の桜祭りが有名ですが、実は桜だけでないんです。

横浜町は全国で第2位の菜の花作付け面積を誇り、広大な菜の花畑があります。

青森県の菜の花の記事はこちら。

今回の記事では、5月中旬〜下旬にかけて見頃を迎える青森県のつつじの花スポットをご紹介します。

七戸町天王神社

七戸町の町を象徴する花はツツジ。

町中のいたるところにツツジが咲いていますが、天王公園は、それを象徴する公園でもあります。

106段ある階段の脇には約500本ものツツジが咲いており、中には樹齢300年とも言われるツツジがあり、とても歴史の深い場所です。

途中、絵馬灯籠や短歌があるので探してみてください。

登ると境内があります。

天王神社は明治初期には『須賀神社』と名乗った時期もあったそうですが、程なく昔から親しんできた天王様の愛称を取り天王神社に変更されたようです。

天王様の御利益は厄除け、家内安全と言われており、しっかりとお参りしてきましたよ♫

quote by googel

5月1日から19日に行われるつつじ祭り期間中は、夜のライトアップも行われています♫

住 所〒039-2525 青森県上北郡七戸町天王12ー1
お祭り開催期間2019/05/01〜2019/05/19 
最寄駅七戸十和田
TEL0176-62-2536

大鰐町茶臼山公園

https://goo.gl/maps/5WSHrhhE3MCX9aSi6 引用元

大鰐町にある茶臼山(ちゃうすやま)公園もツツジで有名な場所です♫

普段は大鰐の街並みを一望することができる場所、また町民の憩いの場所となっておりますが、5月にツツジが咲くと多くの観光客で賑わいます。

爽やかな初夏の風がそよぐ5月の下旬、大鰐町を見下ろすこの公園には色鮮やかなツツジが山いっぱいに咲き誇ります。40数種、総数約1万5000本以上を数えるツツジの名所となっています。また、300種類を超える植物が生育しており、起伏に富んだ園内を散策しながらこれらを観察できます。また、69の俳句を刻んだ句碑が山頂へと誘うように立ち並ぶ遊歩道「俳句の小径(こみち)」があります。

大鰐町HPより

大鰐のツツジの特徴としては、40種類ものツツジ、300種類もの植物を見ることができるという点です。

つつじまつりの期間中は、歌謡ショーやイベントが開催さるようです。

今年のライトアップは残念ながら行われないようです。

住所〒038-0211 青森県南津軽郡大鰐町大鰐茶臼館
お祭り開催期間2019/05/18〜2019/05/22
TEL
0172-48-2111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です