『津軽郷土料理 がるがる』*東京都新宿歌舞伎町/青森の郷土料理を食べれるお店


都会暮らしでも青森の味がそのまま味わえる♫

歌舞伎町1丁目の橋本ビルにある『津軽郷土料理 がるがる』は、東京にいながらも青森の郷土料理を食べれる居酒屋です。

温もりのある照明の下で郷土料理をいただけるのは、田舎出身の方としてもホッとして安らぎを感じること間違いなしです♫

こだわりの空間には、青森の夏祭りを思わせるねぶた人形が飾られてあり、インパクトを感じさせる場所でした。

青森出身の方は、ねぶたを見ると思わず「じゃわめぐ(心躍る)」でしょう。

お酒にもよく合う!青森の料理は濃めの味付け

ねぶた漬け

全国短命県1位の青森県は、郷土文化と言っていいほど料理は濃い口が定番になっています。他にもインスタントラーメン消費量も全国1位など健康からは何とも程遠い(笑)

しかし、この濃~い料理と青森の地酒が最高の組み合わせ♫

「がるがる」さんでは、東京の方向けに味を変更することなく、青森をそのまま味わうことができる魅力たっぷりの「食」がご用意してあります。

定番のにんにく丸揚げ

「がるがる」さんは、食材の旨みを生かした津軽の郷土料理がたくさん!

青森の定番おかず「イガメンチ」や陸奥湾産の「ホタテ貝焼き味噌」、地酒と一緒に頼んでほしい「生姜味噌おでん」、青森B級グルメで有名な「せんべい汁」、他にも「けの汁」、「いちご煮」など品揃え豊富!

オススメ!濃い口料理にぴったりの飲み比べセット

青森地酒 三種飲み比べセット(田酒 / 豊盃 / 陸奥八仙) ¥1,480

青森地酒の特徴は、なんと言っても県内の森林の割合が67パーセントと豊富な自然を育む豊かな水源があり、河川の砂礫中を流れる伏流水を使って日本酒が作られること。天然のミネラルを豊富に含み、青森でしか作り出せない味や風味があることです。

クセがなくスッキリとした味わいが津軽の料理にぴったりです♫

銘酒「田酒」や「豊盃」、「陸奥八仙」県内でも人気の3種類が飲み比べできるセットがメニューにあるので、自分好みの日本酒を見つけることが出来るでしょう。

春夏は「冷やおろし」など、限定の日本酒も入荷するとの事なので、ぜひ限定品も味わってみてくださいね!

オススメメニューは「青森プレート」

「青森プレート」は、イカの塩辛・ニシンの塩辛・人参のたら子あえ・生姜味噌こんにゃくなど青森の家庭でよく食べられている家庭料理が並びます。

日本酒好きにはピッタリのメニュー!少しずつ摘めるメニューがあるのもありがたいですね!

青森の食卓では、採れたての山菜やごはんがすすむ筋子が並んだりしています。鉄板のメニューがたくさん揃っていると青森出身の方は、まるでお家に帰ってきたような安心感も味わえるでしょう。

本場の味!津軽煮干しラーメンあります

青森県産の煮干し

津軽の煮干しラーメンは、基本「あっさり煮干しスープ」です。
大間昆布と真いわしの煮干し、かつお節をたっぷり煮出した上質な出汁。煮干を漬け込んだ酢を隠し味にした醤油ベースのスープ。
おなかにもたれない、さっぱりすっきりとした煮干しラーメンです。

https://garugaru.jp/niboshiramen.html より引用
quote by https://garugaru.jp/niboshiramen.html

麺は多加水の細麺、スープは煮干しをストレートに感じることができます。まさに本場の津軽煮干しラーメン!コクがあるのに、あっさりとした味わいは〆にピッタリの一品になるでしょう。

まとめ

東京新宿にかまえる「がるがる」では、青森の郷土料理や地酒を心ゆくまで堪能することができます。

青森出身の東京在住の方は、青森の素材の味を存分生かした懐かしい故郷の味を楽しみに、東京在住の方は、クセがなく甘みのある青森の日本酒を味わいに「津軽郷土料理 がるがる」を訪れてみてはいかがでしょうか?

●津軽郷土料理 がるがる

住所〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目6−6 橋本ビル2階
営業時間17時00分~0時00分
定休日不定期
TEL03-6233-7747

**合わせてご覧ください**

1年中青森のねぶた・ねぷた祭りを楽しめる場所/ねぶた・ねぷた博物館/ワラッセ/津軽藩ねぷた村/五所川原立佞武多の館

『長尾中華そば (ながおちゅうかそば)』青森*行列のできるラーメン店!煮干しスープ中毒に注意/朝ラーできる青森ラーメン店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です