『郷土料理津軽三味線りんご箱』青森駅前で新鮮魚介をほおばる!三味線ライブを楽しめるお店*青森市新町


りんご箱を使用したユニークなお店

本日ご紹介するのは、青森駅前より徒歩3分と絶好のロケーションの場所にある『津軽三味線居酒屋 りんご箱』さんです。

駅前に位置する複合施設アウガの地下に店舗をかまえ、新鮮市場と同じフロアにあります。

午前10時から夜11時まで昼夜営業しているため、時間を選べて来店できます。

お昼時は海鮮丼などのご飯ものを求めて訪れるお客様が多く、夜は青森の新鮮な海鮮物をもとめてくるお客様が多いです。

三味線ライブは1日2回

お食事とともに、本格的な津軽三味線の生演奏を聴くことができます。

店内にはステージがあり、目の前で演奏者が昼の部は12時45分より、夜の部は19時00分から演奏を開始。

(ねぶた祭り期間中は手踊りと唄が付き、1日5回と演奏回数が増えます。)

本格郷土料理・青森県産の食材を味わえるお店


郷土料理を味わいたいのであれば、夜の居酒屋メニューがオススメ★

  • 貝焼き味噌
  • けの汁
  • 田子産にんにくの丸揚げ
  • いちご煮         などなど

青森の郷土料理が豊富にそろっています!

特に青森県の食材は健康効果が期待できるものが多いです。

*田子産にんにく

雪のよう丸く、粒が大きいのが田子産の特徴。

寒暖差の激しい北の大地で育ったにんにくは旨味が凝縮されており他ものとは格段に美味しいです。

にんにくはビタミンB1の吸収を高め、疲労回復や滋養強壮に効果があります。

特ににんにくを発酵・熟成させた黒にんにくの栄養価は非常に高く、アリルシステインを多く含み、抗酸化作用が強い。よって美容効果、代謝機能改善効果など様々な効能が期待できる食材です。

田子ガーリックセンターの記事はこちら

「りんご箱」でも、青森県産にんにくと黒にんにくを味わうことができます。

*十三湖のしじみ

タンパク質と多糖類のグリコーゲン、タウリン、アスパラギン酸などのアミノ酸、B2・B12・Eなどのビタミン、そしてカルシウム・リン・鉄などのミネラルが豊富に含まれた食品です。

特にお酒を飲む方は「メチオニン」や「アルギニン」等のアミノ酸が多く含まれ、肝臓の働きを良くする効果があります。

十三湖はしじみが育ちやすいとされる海水と川の水が程よく混ざった場所で身がしまって美味しいしじみとなっております。

お酒を飲んだ後に、十三湖のしじみ汁を頼んでみてはいかがでしょうか?

*八戸産のイカ

八戸は三陸沖の良好な漁場に面していて、水揚げ量が全国一位とイカの名産地。

イカは、健康な体をサポートする栄養素のひとつ「タウリン」が多く含まれています。コレステロール値を下げたり、肝臓の機能を高めたりしてくれるなど、生活習慣病や高血圧、糖尿病などの予防に効果的

「りんご箱」は、青森県産のヘルシーな食材がたくさん味わう事ができます♫

2019年メニュー

新鮮な魚介類

「りんご箱」は青森駅前の新鮮市場市場に隣接しており、新鮮市場には海鮮・野菜・精肉など90店舗もお店が軒を連ねています。

観光客にも人気で、あらゆる食材が揃っています。

市場のそばにある店ということもあり、新鮮な魚介を堪能する事ができます。

豊富な日本酒の種類

青森の地酒が多く揃っているのもこの店の特徴の一つ。

特に田酒・八仙・豊盃は全国でも人気的にも有名な銘柄。

華吹雪・華想い・つがるロマン・まっしぐら・むつほまれなどの酒米、食米で作られた日本酒は、国立公園十和田湖をはじめ八甲田山、岩木山、世界遺産白神山地などから、湧きだすミネラル豊富な伏流水で作られており、多彩な味わいとなっています。

人気のランチメニューは種類豊富な海鮮丼!

ランチメニューは海鮮丼やお寿司が豊富で、人気メニューとなっております。

もちろんお酒も飲む事ができますし、昼の部の津軽三味線の演奏も聴きながら、お食事することができます。

お昼と夜の営業時間が分かれてあり、昼のラストオーダーが14時30分までとなっているのでご注意ください。

今回の記事では青森駅前で美味しい海鮮料理がいただける「りんご箱」を紹介いたしました。

●郷土料理津軽三味線 りんご箱

住所〒030-0801 青森県青森市新町1丁目3−7
営業時間10時00分~15時00分
16時30分~22時00分
定休日不定休
TEL017-763-5155
公式HPhttp://auga-ringobako.com/hp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です