bancafe(バンカフェ)|青森国際芸術センター(ACC)内にあるおしゃれなカフェ


森の中にあるアート

本日紹介するのは、青森駅から車で30分ほどの場所、青森公立大のそばにある青森芸術センター内のカフェBancafeさんです。お店につくまで色んなアート作品が並んでいます。

まず入り口から入ってすぐに編み込みされた、トンネルアートがあります。

この日はあいにくの天気でしたが晴れた日には光が差し込み地面にくっきりと編み込みの影が写しだされます。

青森芸術センターは若い芸術家が寝泊りし、作品を作り、それを展示する場としての宿泊施設があります。その建物の設計は安藤忠雄氏によってせっけいされ森の中に沈み込むような配置計画で、建物と自然が上手く調和しています。

森とアートの融合

トンネルを出ると、様々なオブジェクトが立ち並び、しばらく林の散歩コースが続きます。小雨のなか、ポツポツと木の葉からこぼれた傘にあたり弾けた雫の音とひぐらしの音がアートスティックな雰囲気を作り出してくれました。子供の頃初めて遠出したような「ドキドキ、ワクワク。」そんな気持ちを思い出させてくれます。

コンクリートの打ちっ放しが安藤建築の特徴

林の中を進んでいくと、泉とコンクリートうちぱなしの演芸ホールがあります。

ライブや、講演を行えるスペースとなっており、その後ろお囲むのは展示場や宿泊施設となっています。さらにその先へ進むとバンカフェに到着です。

bancafeへ到着

店内は白基調にインテリアされており、30程のテーブル席と、カウンター席が10席ほどあり、外にも席が10席ほどあります。本棚がには英語の本がずっしりと並べられており実際に読む事も可能です。

キッズコーナーもありますので、お子様づれで来ても安心できますね。

料理の一部は青森公立大学でも、提供されているようで、コクのあるカレーが人気メニューとなっております。ラーメンもたまご麺を使用しており美味しかったです。コーヒーが、360円と非常にリーズナブルなのも魅力的ですね。

bancafeは残念な事に平日が休みになっておりますので、カフェお楽しみたい方は、お気をつけください。時間も10時から15時までと限られていますので、早目に周辺散策を済ませてからいくことをおすすめします。

晴れた日は、開放的な窓から光が差し込んで優雅な気持ちを味わえそうです。是非みなさんbancafeでゆったりとした時間をお過ごしください。非常にオススメの場所なので、一度足を運んでいただき、色んな人にここで味わった感動をお伝ください。今日もみなさまに幸せな1日が訪れますように♬

住所青森 県 青森 市 合子 沢山 崎 152, 山崎-152 大字合子沢 青森市 青森県 030-0134
営業時間 10時00分~15時00分
定休日平日は休業日
TEL090-8789-9587

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です