新型コロナウイルス新原案、子ども1人当たり1万円給付


4月4日に発表された1世帯あたり30万円の給付金とは別に、

4月5日新たに新型コロナウイルスの緊急経済対策の原案が判明した。

戦後最大の経済危機と位置付け、1兆円の感染症予備費を創設する。

これはあくまでも30万円の現金給付とは別の子育て支援策。

子育て世帯支援のため、児童手当を受給している世帯には子ども1人当たり1万円を追加で給付する。政府は7日にも、財源を示した2020年度補正予算案とともに閣議決定する。

 子育て世帯への支援は、0歳から中学生まで月に1万~1万5千円の児童手当を受給している世帯が対象。支給は一度限りとする。月額5千円の特例給付を受けている高所得世帯は除外する。

 こちらの政策は自民党が5日開いたコロナ対策本部の幹部会で報告された。

本日、一般社団法人共同通信社が発表した記事だが、マスク2枚からはじまり、もう少しわかり安くはっきりとした政策を考案して欲しい。これまでの原案が複雑で情報が混同し、国民は今混乱しているようだ。

7日の閣議決定ではっきりと公表してほしい。

これを受けネットの声は・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です