【最新情報】コロナウイルス感染拡大を防ぐために私たちにできる予防方法まとめ|感染が起きる条件


私たち個人の力では世界を変えることができません。

今全世界がコロナウイルス COVID-19によって苦しんでいます。

コロナウイルスの世界的な広がりを抑えるためにも私たち一人一人ができることをしっかりとすることが重要です。

正しい手洗い

定期的な手洗いは、コロナウイルスの感染を防ぐための方法の1つです。

特に以下の場合、正しい方法で30秒以上手を洗いましょう。

  • 公共交通機関での旅行中
  • 公共の場所にいる
  • せきをした
  • くしゃみをした
  • 鼻をかんだ
  • 外出後
  • 勤務中

石鹸と水を使用できない場合は、少なくとも60%のアルコールを含む手の消毒剤を使用しましょう。

石鹸または手の消毒剤で手を洗うと、人々が接触した可能性のある手のウイルスを殺すのに役立ちます。

顔に触れないようにする

特に手を洗っていない場合は、目、鼻、口に手で触れないようにしてください。これは、細菌の拡散を制限し、それらが病気になる可能性を減らすのに役立ちます。

手は1日を通していくつかの表面に接触し、この方法でウイルスを拾う可能性があります。専門家の論文によると、SARS-CoV-2が特定の表面に最大3日間留まることができることを示唆しています。

その後、人が顔に触れると、ウイルスが目、鼻、口に感染し、体内に侵入します。

他者との接触を制限する

専門家は人と人との接触を数パーセント台まで減らすと感染の拡大が減ると示唆している。

今回のコロナウイルスは大規模な警報級の自然災害が毎日つづいていると専門家は語る。

ウイルスの症状がある人はもちろんだが、今回のウイルスがやっかいなのは無症状の感染者もいるということ、だれが感染しているかもわからない密接に接触しないように注意する必要があります。

米国Centers for Disease Control and Prevention(CDC)は、咳やくしゃみをしている人から約1.8メートル離れることを推奨しています。

これは、人が咳やくしゃみをすると、ウイルスを含む小さな水滴が口と鼻から離れるためです。他の人々はこれらの水滴を吸い込んで、水滴に含まれている可能性のあるウイルスに感染する可能性があります。

  • 仕事場を避けて家にいる、または家で仕事をする
  • 家族でない人との接触を避ける(感染した場合は家族との接触も避ける)
  • 大勢の人の集まりを禁止する
  • バーやレストランなどに行かない
  • 性的サービスを行う店にはいかない

特に高齢者や以下に当てはまる人はCOVID-19で重症になるリスクが高い人々にとって特に重要です。

  • 心臓病
  • 肺疾患
  • 糖尿病

リスクが高い人は、家にいることで自己隔離するなど、特別な予防策を講じる必要があるかもしれません。

具合が悪くても家にいる

インフルエンザのような症状が出たらCOVID-19の軽度の症状を持っている可能性があります。

しかし、すぐに病院にいくのではなく家にいることが大切であると専門家は示唆しています。

すぐにでも病院に行きたくなりますが、院内感染を防ぐためにも他者との接触を避けることによって自己隔離することができます。

COVID-19、風邪、その他の症状があるかどうかがわからない場合でも、室内にとどまって休息を取ることを専門家は推奨しています。

医師の診察を受けなければいけない人

しかしCOVID-19が発生した地域で発熱、咳、または呼吸困難を起こしている人は、医師の診察を受けてください。

命に関わる可能性がありますので一刻も早く以下を確認し診察してください。

厚生労働省HPより

新型コロナウイルスの感染症対策と相談・受診の目安

国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
 

次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください。
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※ 高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合
センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

なお、現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、 インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医等に御相談ください。
【相談後、医療機関にかかるときのお願い】

〇帰国者・接触者相談センターから受診を勧められた医療機関を受診してください。複数の医療機関を受診することはお控えください。

〇医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

 多くの都道府県では、新型コロナウイルス感染症が疑われる方を適切に医療に結び付けるため、県内各保健所に「帰国者・接触者相談センター」を設置しています。相談センターでは、新型コロナウイルス感染症の疑い例に該当する方からの電話相談を受け、医療機関への受診調整を行います。

次の症状がある方は、「帰国者・接触者相談センター」に御相談ください。

  1. 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます。)
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合

下記の要件も確認したうえで、新型コロナウイルス感染が疑われる場合は、受診していただく医療機関を調整します。

濃厚接触者も医療機関の受診を

 濃厚接触とは、以下のような接触がある場合を指します。

  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方と同居あるいは長時間の接触(車内・航空機内等を含む)があった方
  • 適切な感染防護無しに新型コロナウイルス感染症が疑われる患者を診察、看護もしくは介護していた方
  • 新型コロナウイルス感染症が疑われる方の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い方

家庭での予防

家庭での予防方法は、除菌を行い清潔に保つことです。照明のスイッチ、ドアノブ、カウンターなど、人が定期的に触れるすべての表面を清掃する必要があります。特に外部からの訪問者が触れる部分は徹底して除菌する必要があります。

世帯内の人がCOVID-19を発症した場合、感染を防ぐために次の手順を実行できます。

  • 別の部屋または寝室に隔離
  • 可能であれば別のお風呂を使用する
  • 使用後のお風呂表面の洗浄と消毒
  • 共用部を使用する際はフェイスマスクを着用
  • 病気のない人と食べ物や飲み物を分ける
  • 共有されている表面を洗浄および消毒する際は手袋を着用する

職場での予防

以下のことを行うことによって職場でのコロナウイルス感染のリスクを減らすことができます。

  • 職場内の洗浄および消毒する
  • 外部からの顧客などへの除菌を促すポスター、POPの掲示、手指消毒剤の設置
  • COVID-19の症状が軽度であっても症状が現れた場合、従業員の出勤停止
  • リモートワークを使用して会議を開催する
  • 可能であれば自宅勤務の実施

学校での予防

高齢者は深刻な合併症のリスクが高くなりますが、子供や10代の若者は、COVID-19に感染しても無症状である場合があります。

学校での感染を防ぐいくつかの方法には、

  • 適切な手洗いを促すポスターを表示する
  • テーブル、椅子、ドアノブなどの表面の頻繁な洗浄と消毒
  • 石鹸、水、手指消毒剤の提供
  • 会議やイベントをすべて制限する
  • 必要に応じて学校を閉鎖し、可能であればリモートワークを実施する

フェイスマスクをいつどのように使用するか

世界保健機関(WHO)によると、人々は咳、くしゃみ、またはCOVID-19の誰かの世話をしている場合感染を防ぐためにもフェイスマスクを必ず着用するようにしさしています。

くしゃみやせきにによる飛沫感染はもっとも感染リスクが高くなるからです。

フェイスマスクは、人が正しく使用した場合にのみ有効です。フェイスマスクを正しく使用して廃棄するには、次の手順を実行します。

  • マスクまたは顔に触れる前に、石鹸と水で少なくとも20秒間手を洗ってください。
  • マスクが鼻と口を覆い、顔とマスクの間に隙間がないことを確認してください。
  • マスクを着用している間は、触れないでください。
  • 着用中にマスクに触れた場合は、再度手を洗う必要があります。
  • 使い捨てマスクの再利用は避けてください。
  • マスクには人の名前など何も書かないでください。これによりマスクの完全性が損なわれ、汚染物質が侵入する可能性があります。
  • マスクが湿っている場合は交換してください。
  • 前面に触れるのではなく、背面の紐を持ち上げてマスクを取り外します。
  • 使用済みのマスクはすぐにゴミ箱に捨て、再度手を洗います。

新型コロナウイルスがヒトからヒトへうつる感染経路には、飛沫感染と接触感染の二つのルートが考えられています。

飛沫とは、くしゃみやセキで飛んでいくしぶきのことで、飛沫には感染者のウイルスが含まれています。このしぶきを吸い込んで感染が起こるのが、飛沫感染です。満員電車など近距離で接する機会の多い場所で発生しやすくなります。

感染者が自分の口や鼻を触ったり、セキを手で受けたりすると手にウイルスが付着します。その手で触った物が感染源となります。感染源に触れた人が、同じ手で自身の口や鼻を触ることで起こるのが、接触感染です。主な感染源としては、電車やバスのつり革、ドアノブ、電源のスイッチなどがあります。

ウイルスは、主に口や鼻の粘膜から体内に侵入します。ときに、目の粘膜からも入ることがありますから、目を汚れた手でこすらないようにしたほうがよいでしょう。
新型コロナウイルスについては、今のところ空気感染は認められていません。このため、道端ですれ違ったり短いあいさつをしたりする程度では、感染は起こりにくいと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です