緊急事態宣言から愛知県名古屋市が外された理由|名古屋飛ばしの理由


緊急事態宣言が7日にも

コロナウイルス拡大を受け、愛知県が緊急事態宣言の都道府県から外されてしまった。ネットでは愛知県民が、怒りをあらわにしている。

なぜ愛知県が飛ばされたのか?

愛知県は日本で人口が4番目に多い大都市ではあるがライブ・コンサートなどからも外されてしまう「名古屋飛ばし」があるとネットでは話題となっているが、今回のコロナウイルス感染症の緊急事態宣言ケースでも愛知県が外されてしまった。

今回緊急事態宣言の中に入っている都市はすでに、患者数が病床数を上回っている都道府県もある。

愛知県は病床数に比較的余裕があり、さらに新規の感染者がそれほど増えていないというのも緊急事態宣言の都道府県に含まれなかった理由だろうか?

しかしその可能性は低い。全体人口の多い愛知県も感染者が爆発する可能性があり今回の対応には納得ができない。

西村康稔経済再生担当相は「専門家は感染者が倍になるスピードも重視している。愛知県については感染者数は多いが、その倍増のスピードが非常にゆったりしている。それに感染経路が分からない人(の割合)が比較的低い。同様の判断を北海道、京都もしている」と説明した。

1 個のコメント

  • この決定にも、安倍政権の経済編重、医療軽視の傾向、コロナ軽視の傾向が如実に出ていますね。リーダー失格です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です