安倍首相が新型コロナ緊急経済対策規模108兆円|国民へは6兆円|さらに不満のオンパレード

国民に行き渡らないお金

たった今、安倍首相が新型コロナ緊急経済対策規模108兆円、GDPの2%と発表。 規模はデカイが、ところが何と国民への現金給付はこのうち6兆円。

国民一人当たりに換算すればたった5万円だ。安倍はコロナショックで困ってる国民の暮らしのことが本当に何も分かってない。

このままでは、国民が飢え死にする。ホームレスが街に溢れかえるのではないだろうか。

今回の政策の内訳

108兆円は国内総生産(GDP)の2割に相当し、事業規模は過去最大。首相は「経済に与える甚大な影響を踏まえ、過去にない、強大な規模となる対策を実施する」と述べた。

7日閣議決定が行われ、大型連休前には成立されるだろう。リーマンショックの際は56兆円の経済政策をおこなったが、今回は108兆円。

  • 収入が大幅に減少し、住民税が非課税となる水準まで落ち込んだ低所得者世帯や、中小・個人事業者らへの現金給付は6兆円超を予定。対象世帯には30万円、売り上げが急減した中堅・中小企業には200万円フリーランスなど個人事業者には100万円を支給する。
  • 税金や社会保険の納付猶予は26兆円規模を想定20年度予算で、新型コロナウイルス感染症対策として、新たに1兆円以上の予備費も計上する。児童手当は子ども1人当たり1万円を上乗せする。
  • 民間企業の資金繰り支援策として、中小企業が民間金融機関から「実質無利子・無担保」で融資を受けられる制度を創設。中堅・大企業向けは、日本政策投資銀行などの融資を活用する。政府は政投銀に1000億円規模の新たな出資の枠組みを設け、事業拡大を目指す中小、中堅、大企業の財務基盤強化を支援する。
  • 感染防止策では、治療薬として期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」の臨床研究を拡大し、20年度中に200万人分の備蓄を目指す。人工呼吸器、人工肺の確保も急ぐ方針だ。

とにかく今回の経済政策では、108兆円規模とうたっておりあくまでも、企業の経済効果を見込んだ規模であって我々国民に108兆円給付するという話ではない。アメリカでは約1年分GDP200兆円を使って国民をサポートしている、今後さらに200兆円追加で補填を行って行くというのに安倍はこのまま日本国民を見殺しにしてしまうのだろうか?

アビガン副作用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です