進むコロナ疎開|地方で避けられる都会に住む人々

休業や閉店などで地元に帰る人が続出

自粛対象地域での不要不急な外出を控えるというルールに従えば、こちらに来るという行動にはならないはずだが、関東や首都圏、大都市から人口の少ない地元に帰るコロナ疎開を行う人が増えている。

確かに、外出の自粛により外出できないのは想像以上に苦痛ある。

家の中にい続けるというのは、知人との会話も少なくなり、日光にもあたらないので、心身共に疲弊していく人は、1日中太陽の光を浴びず、運動もしなくなると、これが体内時計を狂わせ、体に変調をきたします。

しかし高齢者の田舎に疎開すると、高齢者に感染するリスクがありますので、絶対に避けるべきです。いまはじっと耐えるしかありません。

ネットでの声は・・・

かなり厳しい声

今都会から、地方に疎開してくるとかなり、批判を浴びるかもしれません、ましてやあなたが帰ってきたせいで感染者が出たとなるとニュースに取り上げられるなど、マスコミのネタにされ、別の意味で外出を自粛せざるおえなくなるかもしれません。確かに人のいない地方に帰ってきたくなるのはわかりますが、今は自宅で外出を自粛しょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です