岩手県でコロナウイルスがゼロの理由

東北の岩手県では、4月8日現在コロナ ウイルス感染者数0人となっている。

岩手県でコロナ ウイルス感染者が確認されないのはなぜだろうか?

ネット上では、隠蔽説や人口密度が低い説や田舎者があつまり無口だから飛沫感染が少ない説などさまざまな憶測が流れているが今のところはっきりとわかっていない、県の平均年齢や都市部の人口密度との関係もあるのかもしれない。

もう一つの無感染県である鳥取県も人口密度がかなり低いのがわかるだろう、あくまでも憶測だが、若干関係してくるのではないだろうか。

岩手県感染者ゼロのネットでの声

都会からのコロナ 疎開や、料理番組での危機感の薄さを心配しているようです。

今後感染者が出るかもしれませんので今0人でもぜひ個人衛生に努めていただきたいものです。

2 件のコメント

  • 検査件数が少ないから
    度を越して少なすぎる
    県民の人口あたりの件数が一番少ないのが岩手県
    能力がないのか県が保健所を通じて意図的に検査を拒否してるのか
    どう考えてもこの少なさは異常

    • なるほど、
      「無症候の人間保健所に引っ張り込んでPCR検査しろ探せば絶対いるはずだ!
      PCR検査の信頼性が下がったって良いとにかく探せ!

      探さないのは陰謀だ!隠蔽だ!異常事態だ!」
      素晴らしいご意見ですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です