【速報】毎日放送取締役死亡|コロナ感染により

4月10日毎日放送は代表取締役を兵庫県西宮市内の肺炎で死亡したことを発表した。

毎日放送の60代の取締役男性は先月26日、せきなどの風邪症状が出たという。

4日、庫県西宮市の病院で肺炎の診断を受けて入院し検査を受け陽性反応がでて入院。

男性はアナウンサー室や制作局、東京制作局を担当する取締役で、発症した後も数回、出社していて、会社は濃厚接触者などを調査中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です