【速報】一律10万円の給付|10万円給付子供には?|なぜ自己申告制になったのか?|新型コロナウイルス問題

手続きは郵送もしくはオンラインで

現在未定ですが、前回のリーマンショックの際の定額給付手続きの手間がかかったため前例を元にきめるようでです。

全国一律10万円給付へ

安倍首相は16日、「外出自粛をはじめ、様々な行動が制約されることとなる全国すべての国民を対象に、一律1人あたり10万円の給付を行う方向」だと語った。

スピード勝負の政策

一度閣議決定された予算案を組み替えするのは異例の事、組み替えでは、10万円給付を追加する代わりに、減収世帯への30万円給付を取り下げた。これによる追加の予算規模は約4兆円から約8兆円に上る見通し。

一律給付は高額所得者も受け取り可能で。受け取りにあたっては市区町村に申請する形を取るため、申請しなければ級の辞退も可能だ。

2009年のリーマンショク時に全国民に一律で配った定額給付金は、行政側が受け取る人の住所や口座の事前確認に手間取り、給付までに約3か月かかった。自己申告制にすれば、その都度、確認すれば済むため、「5月中には給付できる」と政府関係者は述べた。

子供への支給は

「一人あたり10万円給付」と言われていますが、子供は給付対象か?

子供も該当するとなると、子供がいる家庭子供2人の場合20万円が配られるようだ。

安倍首相は、「全国すべての国民の皆さまを対象に」と発言しており、
会見時”子供”と明言はされていませんが、年齢に関係なく支給される可能性が高いです。

生活保護や公務員、所得に関係なく、支給となりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です