アメリカ南部テキサス州など店舗再開へ|経済活動再開|飲食店営業テイクアウトなど条件


コロナウイルス感染拡大のリスクと隣り合わせ

トランプ政権が16日、経済活動の一部再開の指針を発表。

それを受け南部テキサス州やフロリダ州などは17日、

それぞれ店舗の営業などを再開すると表明。

しかしテイクアウトや人と人との間を開けるという制限付きだ。

人口が全米で2番目に多いテキサス州のアボット知事は17日、

州内のすべての店舗の営業再開を24日から認めるとアメリカメディアが発表した。

ミシガン州のウィットマー知事は17日、5月1日の外出規制緩和を望むと語った

このほか営業活動を再開するのは

中西部ミネソタや同ウィスコンシン

北東部バーモント、

西部アイダホ

各州がゴルフ場など屋外施設や一部の小規模店舗の営業を順次再開する。

いずれの州もマスク着用や人との距離の確保など感染抑制策を維持しつつ、

容認する活動の範囲を少しずつ広げていく構えだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です