一律給付金の概要を政府が発表


総務省は、20日夕方、10万円の一律給付の概要を発表。

給付対象は、国籍を問わず、4月27日時点の住民基本台帳に記載されているすべての人が対象。(国内に住む日本人と3か月を超える住民票を届け出ている外国人)

手続き方法

住民票がある市区町村から送られてくる申請書に

世帯主が本人名義の金融機関の口座番号などを記入、

口座を確認できる書類と本人確認の書類のコピーを一緒に返送すれば、

家族分の給付金がまとめて振り込まれる仕組みにするということです。

また、マイナンバーカードを持っていれば、オンラインでの申請も可能だ。

給付金の受け取りを希望しない場合は申請書欄に記入すれば、受け取りしないこともできるようだ。

申請の受け付け開始日は各市区町村が決めることになっており、申請期限は、受け付け開始から3か月以内となるようだ。

支給の開始日も各市区町村が決めますが、総務省は、「早いところでは来月中に開始できるのではないか」としています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です