【速報】京都1Rで落馬事故5頭が落馬のアクシデント|4月26日落馬競走中止


26日の京都競馬1R・3歳未勝利(ダート1200メートル)で最後の直線コースで悲劇は怒った。なんと岩田康騎乗のダイヴィンダートから落馬。

続けてマーブルレディー(松山)、アカツキリンダ(高倉)、アビーシュート(松若)、シャムエル(小崎)も落馬した。

 3番手を追走していたダイヴィンダートが直線入り口で転倒。後続も避けきれずに多重落馬事故となった。

16頭が出走したが、計5頭が落馬。サンマルマオリオも競走中止したため、完走は10頭のみだった。

 岩田康、松山は以降の全レースの乗り替わりが発表された。松山はメインのG2マイラーズCでブラックムーンに騎乗予定だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です