J1鳥栖が20億円超赤字|社長出席のサポーターミーティング開催へ


サガン鳥栖は26日、運営会社サガン・ドリームスの定時株主総会を開催し、第16期(2019年2月から20年1月)の経営情報を開示した。

入場料収入が約8246万円増、物販売上が約7555万円増となった一方、広告収入が約14億8548万円減となったことなどに伴い、20億1486万9000円の赤字を計上した事を明らかにした。2期連続の赤字となる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です