青森県十和田市深持一家3人が無理心中!父親が殺害?


11時15分29歳の農業を営む男性が倒れているのを母親が発見

青森県十和田市深持は市街地からは離れた農村地帯、ほとんどが畑に囲まれており、周りは自然に囲まれた、田舎街である。

そんな、あまり人気もない場所で、一体なぜこのような事件が起こったのだろうか?

今回死亡が確認され他のは3人、一家の主人である父親と祖父と息子だ。

息子は29歳と働き盛りで農業を営んでいたという。

警察の調べによると、息子には首が締めらたあとがあり、おそらくこれは父親がやったものではないかと推測している。

また夕方5時半頃には、近くの山中で同居の60代の父親が首をつった状態で80代の祖父は顔から血を流して倒れていた。

警察の調べではどうやら息子と祖父を殺害し、そのまま自分も首吊り自殺をしたのではないかとして調べを進めているようだ。

殺害理由は?

コロナの影響での借金問題などがあったのかもしれないが、息子と何らかの理由でいざこざになって、殺害してしまいそれを止めに入った祖父が巻き込まれた可能性も高い。しかし、警察は無理心中として捜査を進めているようで、父親が故意に殺害したのかもしれない。

一つ気になるのはなぜ母親がいない時に殺害したのかということだ、一家心中をするのであれば、母親も道連れにするはずだ。その点が謎のままである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です