広島県であらたに新型コロナウイルに6人感染確認


広島市 によりますと新たに6人の感染者が確認されたと発表しました。
また、7月21日に発表した市内117例目の「接客を伴う飲食店(夜の店)」で、11人のクラスターが発生したと発表しました。
新たなクラスターは、接客を伴う飲食店の経営者や従業員9人と店の顧客2人の計11人です。
広島市は、店の顧客や接触者など調査を続けるとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です