沖縄県が独自の緊急事態宣言を発令 その内容とは?


沖縄県の玉城デニー知事は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県の警戒レベルを第3段階「感染流行期」に引き上げ、県独自の緊急事態宣言を出した。同宣言は4月に引き続き2回目。8月1日から15日の間、沖縄本島全域で不要不急な外出を自粛するよう要請した。さらに県民に対し、県外と沖縄間の不要不急な渡航も自粛するよう要請した。県外からの来県は慎重に判断することを求めた。本島から離島への移動も最小限にするよう求めた。

 玉城知事は「本県は島嶼県であり、限りある医療資源には鑑み、警戒レベルを第3段階に引き上げ、県民の生命安全を必ず守り抜く決意で防疫体制を強化する」などと述べた。

 玉城知事は、那覇市内の飲食店は営業時間を午前5時から午後10時までとするよう求めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です