日本ハム飯山裕志1軍内野守備コーチが新型コロナウイルスに感染


プロ野球、日本ハムは、飯山裕志1軍内野守備コーチが新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。楽天との試合のため仙台に遠征している選手など全員がPCR検査を受けることになりました。
日本ハムによりますと、飯山コーチは11日に仙台市で行われた楽天との試合前に、家族に発熱の症状があることを報告したことから、ベンチ入りを見合わせ、宿舎で隔離されました。

そしてPCR検査を受けた結果、12日夕方、感染が確認されました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です