速報!熊本側溝遺体事件、犯人逮捕熊谷和洋容疑者(67)。


熊本大学の研究員の女性が遺体で見つかった事件で、警察は、近くに住む無職の男を死体遺棄の疑いで逮捕した。

逮捕されたのは、熊本市中央区に住む無職・熊谷和洋容疑者(67)。

熊谷容疑者は9月6日、熊本市中央区本荘の道路脇の溝に、近くに住む熊本大学の特定事業研究員・楢原知里さん(35)の遺体を遺棄した疑いが持たれている。

警察は12日夕方、県内の北部に逃げようとしていた熊谷容疑者を任意同行し、逮捕した。

熊谷容疑者は、楢原さんの住むマンションの元清掃員で、知人関係にあったとみられ、調べに対して「遺体を捨てた」と容疑を認めているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です