群馬県高崎市で新潟市の大沢佳那子殺害事件 犯人男性人の動機は?


群馬県高崎市で新潟市の大沢佳那子(30)が刺殺された事件で、群馬県警は20日、容疑者は千葉県松戸市の男(36)で、千葉県内で死亡しているのを確認したと明らかにした。

群馬県警によると、男は千葉県内の宿泊施設で死亡していた。大沢さんが刺された後の18日午後10時ごろ、松戸市の自宅に帰宅していた。妻と子供2人の4人暮らしだった。

事件は、18日午後7時半ごろ、群馬県高崎市旭町の市道で「人が刺された」と通行人から110番があり、現場に駆け付けた警察官が市道に止まっていた乗用車内で大沢さんが倒れているのを発見。死亡が確認された。

また、死亡した男性は、殺害前妻に「人を刺した死にたいと述べていたことが明らかになった」警察は、詳しい殺害動機などを現在捜査中だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です