群馬県前橋市のアパートで大麻草84本を販売目的で栽培新井慶吾(あらいけいご)容疑者(47)を逮捕 新井容疑者が住んでいたアパートは?、フェイスブック、インスタグラム、ツイッター公開

押収された大麻の末端価格は、1億3,800万円にのぼる

指定暴力団松葉会系幹部の新井慶吾容疑者(47)は2020年、群馬・前橋市のアパートなど2カ所で、大麻草84本を販売目的で栽培していた疑いが持たれている。

調べに対し、現在新井容疑者は「特に言うことはない」と、容疑を否認しているという。

この事件では、すでに男ら6人が逮捕、起訴されていて、新井容疑者は指示役とみられている。

新井容疑者が契約していたアパートからは、乾燥大麻3kgと大麻草367本が押収されていて、末端価格は1億3,800万円にのぼるとみられている。

ジャングルのような大量の大麻

これだけの大麻をアパートで育てていたとなると部屋はジャングルのようになっていたに違いありません。警察はよざいがないか追求しているようです。

新井容疑のSNSは?

残念ながらまだ本人と確定できるSNSは公開せれておらず、暴力団関係者という事で、世の中に発信するということは避けていたのかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です