庄原市内西城町大佐国道183号死亡事故、少年と同乗した母親を書類送検

庄原市内の国道183号で2月上旬に軽乗用車に乗っていた高齢夫婦が死亡した事故で、庄原署は3日、衝突した無職少年の乗用車に同乗していた三次市の高校生少年(18)を道交法違反(無免許・酒気帯び運転同乗)の疑いで書類送検した。また、運転していた少年の母親で三次市の無職女性(52)を同法違反(無免許・酒気帯び運転ほう助)と道路運送車両法違反(無車検運転ほう助)の疑いで書類送検した。

高校生少年の書類送検容疑は、2月7日、庄原市西城町大佐の国道183号で、三次市の無職少年(18)=自動車運転処罰法違反(無免許危険運転致死)などの容疑で送検=が事故を起こした際に、無職少年が無免許で酒気帯び運転をしていると知りながら車に乗せてもらった疑い。女性は同日、無職少年が無免許で酒気帯び運転すると知りながら、無車検の車のバッテリー充電を手伝ってガソリン代を渡すなどして運転をほう助した疑い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です