2021東北三代夏祭り開催情報まとめ!青森ねぶた祭、秋田竿燈、仙台七夕まつり 

コロナの影響でで、2020年は東北3大祭りも開催が中止となりましたが、2021年は開催されるのでしょうか?現在の状況をまとめてみました。

東北は夏が短くほとんどの季節が寒いんです。

春が終わり7月ごろから気温が上がり始め、お盆が終わった頃には夏が過ぎ去ってしまいます。

ですから県民の夏にかける思いが違うのです。

青森ねぶた祭【青森県・青森市】

青森の短い夏を華麗に彩る、人形ねぶたと踊り子たち。

青森ねぶた祭
2018年に「ねぶた大賞」を受賞したねぶた。幅9m、奥行き7m、高さ5mの巨大なねぶたを曳き回す

2021年8月2日(金)~7日(水)に運行予定

開催地:青森市中心部
開催時間:8月2日~6日は19時10分~21時、8月7日13時~15時、19時15分~21時(海上運行・花火大会)

こちらは2021年度スケジュールです。

2021年の開催は?

青森ねぶた祭りは今の所開催予定です。急なお祭りの中止なども予想されますが、県の発表によるとねぶたは開催されるとのことで、そろそろ制作が始まるようです。出店や、ハネト、お囃子の演奏がされない可能性がありますが、爆発的感染が続けば中止も考えられますが、現在の青森県での感染状況を考えると今年開催されることは間違い無いでしょう。

秋田竿燈まつり【秋田県・秋田市】

提灯をつけた280本の竿燈。町に現れる「光る天の川」。

秋田竿燈まつり
稲穂に見立てた竿燈と米俵を表す提灯。1万個もの提灯の明かりが会場を埋め尽くす

2021年8月3日(土)~6日(火)

開催地:秋田市竿燈大通り
開催時間:18時50分~20時50分

こちらは2019年度のスケジュールです。

2021年の開催は?

受託業者を募集するなどまだはっきりとは決まっていませんが、開催に向けて活動を開始しているようです。

開催されたとしても、入場人数制限がかかり、小規模開催となる可能性が高いでしょう。

仙台七夕まつり【宮城県・仙台市】

仙台藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統のまつり。

仙台七夕まつり
高さ3mを超える豪華絢爛な笹飾りは毎年新しく手作りされ、金、銀、銅の各賞が決められる

2019年8月6日(火)~8月8日(木)

開催地:仙台市中心部および市内地域商店街
開催時間:10時~21時頃

こちらは2019年度のスケジュールです。

仙台七夕まつり2021年の開催は?

仙台七夕まつり協賛会は2021年3月15日祭りを開催することを発表しました。

宮城県民にとっては非常に嬉しいニュースです。

ただし爆発的な感染であるステージ4に達していればお祭りは中止、さらに七夕飾りは高さ2メートル以上に飾って見物客の接触を防ぎ、歩きながら食べられる食品とアルコール類は店頭販売しない。青葉区の勾当台公園市民広場などで例年行うイベントは中止する。という条件をつけての開催となりそうだ。

この記事は2021年3月21日(日)時点での情報です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です