全国各地で震度6弱以上の巨大地震に襲われる確率を地震調査委員会が発表!

政府の地震調査委員会は26日、全国各地で震度6弱以上の巨大地震に襲われる確率などを示した「全国地震動予測地図」の2020年版を公表した。今後30年間に強い揺れが襲う確率で、県庁所在地で最も高かったのは水戸市で81%で、徳島市と高知市が75%と続いた。太平洋に面した自治体で確率が高かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です