兵庫県丹波市の林道女子中学生自殺事件死体遺棄の疑いでで西田裕一容疑者(23)を逮捕 容疑者の顔が明らかに

兵庫県丹波市の林道で、女子中学生の遺体を遺棄したとして、一緒にいた23歳の男が逮捕されました。

死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の西田裕一容疑者(23)です。

警察によりますと、西田容疑者は6日未明、兵庫県丹波市氷上町の林道で、兵庫県内に住む13歳の女子中学生の遺体を遺棄した疑いが持たれています。

近くには使用済みの練炭があり、西田容疑者は、任意の調べに「SNSで知り合い、2人で死のうとしたが、死にきれなかった」と話し、容疑を認めているということです。警察は、女子中学生が死亡したいきさつを調べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です