神戸市北区コンビニ店長森下浩さん(62)殺害事件犯人に顔写真と実名が明らかに

5日午後11時50分ごろ、神戸市北区山田町福地の道路脇の畑で、転落した乗用車のトランクから男性の遺体が見つかり、兵庫県警は6日、死体遺棄容疑で現場近くにいたアルバイトの男(27)=同区=を逮捕した

亡くなったのは同区有野中町、コンビニ店長森下浩さん(62)で、目立った外傷はなかった。男は同店で働いており、調べに「黙秘させてもらいます」などと供述。県警は刑事責任能力の有無を調べるとして、男の実名を公表していない。
県警によると、5日午後6時45分ごろ、近所の住民男性が「ガシャン」という音を聞いて外に出ると、横転した車の運転席から男が降りてきた。男性は声を掛けて帰宅したが、車のブザーが鳴りやまなかったため同8時15分ごろ110番し、駆け付けた警察官が森下さんの遺体を発見した。
車は森下さんのもので、男は無免許運転だったとみられる。現場は神戸電鉄有馬線箕谷駅から北西に約2キロの田畑や住宅が点在する地域。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です