山梨県甲府市放火強盗事件 19歳少年の顔写真、高校名公開!長女との関係と犯行動機は? 犯行凶器発見 今現在の様子

14日、司法解剖の結果、遺体は男性と女性で死因はいずれも失血死だったと発表した。また焼け跡から油などを入れるオイル缶が見つかっていたことも捜査関係者への取材で判明。捜査本部は、井上さんの10代の娘に対する傷害容疑で逮捕した甲府市在住の少年(19)が計画的に準備を進めた可能性があるとみている。

刃物などは所持しておらず、県警の調べに「複数の刃物を持って行ったが、逃走時に落としたり、捨てたりした」と供述している。逃走する際はかなり動揺していたとも話しており、刃物を手放した時間や場所の記憶が曖昧だという。

遺体にはいずれも刃物で刺されたような傷が複数残っており、少なくとも1人の遺体には10カ所以上の傷があった。捜査本部は刃物で刺されたことが原因で亡くなったとみている。少年は放火への関与もほのめかしており、捜査本部は出火原因や2人が死亡した経緯を調べる。

山梨県甲府市で起こった放火事件

2人の遺体が見つかり、夫婦の行方が分からなくなっている甲府市の住宅放火事件。傷害容疑で逮捕された19歳の少年は12日夜、甲府市から遠く離れた駐在所を訪れ、警察署に電話で「人を殺してしまった…」と泣きながら打ち明けていた。火災当夜の急展開。近隣の住人たちは13日、一定の安堵感を見せつつも衝撃を隠さなかった。

 捜査関係者によると、少年は12日午後7時ごろ、当時は無人だった駐在所から電話をかけた。すぐにパトカーで駆け付けた警察官が身柄を確保。捜査本部がある南甲府署に引き渡した。

警察官が到着した際も少年は泣き続けていた。指にはテーピングも施してあったという。 

少年は長女と同じ高校との情報も

少年は長女の頭を凶器で殴ったことから、

長女に思いを寄せていた可能性が高い。

ワイドショーや、ネットの掲示板には、

長女と同じ高校に通っていたという、

多く情報が流れている。

本当は殺害する気などなかったのかもしれない。

やけになってガソリンもしくは灯油をまき、殺す気は無かったが

引火し、殺してしまった

あくまでま憶測だが、今後の新しい情報をまちたい。

今回の事件には悲しいエピソードが隠れていそうだ、

今後、少年と、一家の関係なども目が離せない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です