愛媛県新居浜市一家殺害事件で    河野智容疑者(53)が受けた電磁波攻撃の詳細が明らかに

愛媛県新居浜市の民家で高齢夫妻と息子が刺されて亡くなった事件で、ナイフを所持したとして銃刀法違反容疑で逮捕された河野智容疑者(53)が県警の調べに対し、「過去に電磁波攻撃を仕掛けられた」という趣旨の供述をしていることが、捜査関係者への取材で判明した。亡くなった息子と以前からトラブルになっていたとみられ、県警は河野容疑者が一方的に恨みを募らせた可能性があるとみて調べている。  亡くなったのは住人の岩田友義さん(80)と妻アイ子さん(80)、息子の健一さん(51)。捜査関係者によると、13日午後5時38分ごろ、「男が押しかけてもめている」とアイ子さんが110番した。警察官が駆け付けたところ、アイ子さんと健一さんは屋内で、友義さんは玄関先で倒れていた。県警は同46分ごろ、ナイフを所持していた河野容疑者を現行犯逮捕。「殺すつもりでナイフを持っていた」と供述しており、県警は数分間のうちに3人を襲撃した可能性があるとみて現場を検証している。

河野容疑者は以前、健一さんと同じ職場に勤務しており、一家3人と面識があった。近くに住む70代の女性によると、知人がアイ子さんから容疑者とのトラブルについて相談を受けており、数日前には警察にも来てもらったとの話を聞いたという。  インターネットの掲示板には2019年5月と同9月、河野容疑者の名前で健一さんを中傷するような内容の書き込みがあった。県警はトラブルの有無を慎重に調べている。

電磁波を使った嫌がらせの種類について

電磁波攻撃と集団ストーカーについての案内ページです。集団ストーカーの「電磁波を使った嫌がらせ」にあった方の多くは「頭痛がする」「身体がピリピリする」「痺れ」「不眠症」などの諸症状を引き起こし、生活に支障が出ます。

インターネット上では電磁波に関するさまざまな情報がありますが、すべて正しいわけではありません。ネットの情報に振り回され、必要以上に恐れることがないように、電磁波について「正しく理解すること」が必要です。なお、ここでは電磁波による嫌がらせを「電磁波攻撃」と呼ぶことにします。

正直なところ電磁波攻撃を受けた証拠はどこにもないようで、

いっぽう的にそう言っているに違いないのですが、容疑者が神経質な性格で、

ノイローゼのような精神疾患があるように

推測できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です