JR東日本、10月22日(金)終電後から10月25日(月)初電までの約52時間、山手線内回り池袋~渋谷~大崎間のすべての列車を運休すると発表。 運休いつまで、運休理由

JR東日本は、渋谷駅 山手線内回り線路切換工事(ホーム拡幅)に伴い、10月22日(金)終電後から10月25日(月)初電までの約52時間、山手線内回り池袋~渋谷~大崎間のすべての列車を運休する。

気になる運休理由は?

工事は、渋谷駅における山手線内回りの線路切換のためのもので、移設後はホームが拡幅される。期間は、10月22日終電後から25日初電までの約52時間で、池袋-大崎間の山手線内回りが運休となる。

23日・24日は終日内回りが完全に止まることとなり、線路切換工事に伴う山手線の運転見合わせとしては、JR東日本発足後過去最長。工事時間中も各改札口は通常どおり利用できる。

この間、山手線 内回り列車は、大崎~東京~池袋間で本数を大幅に減らして運転。外回り列車は本数を減らして運転する。

JR東日本では、池袋~大崎間の利用は、埼京線・湘南新宿ラインと山手線(外回り)を使うよう呼びかけている。

また、京浜東北・根岸線は快速運転中止(終日、各駅停車で運転)、埼京線・りんかい線 新木場~大崎~赤羽間を増発、湘南新宿ラインは通常運転、相鉄線直通列車 新宿~池袋間を延長して運転となる。

振替輸送も実施。東京メトロ全線、都営地下鉄全線、西武池袋線(池袋~所沢間)、西武新宿線(西武新宿~所沢間)、西武有楽町線全線、東急東横線(渋谷~武蔵小杉間)、東急大井町線(大井町~自由が丘間)、東急目黒線(目黒~武蔵小杉間)、東急池上線、東急多摩川線全線、りんかい線全線、京急本線(泉岳寺~品川間)が対象となる。 なお、悪天候等により実施できない場合は、11月19日(金)~11月22日(月)に延期する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です