【解答速報】2021年10月 第二種電気工事士 難易度は?問題の答えは?「難しかった過去問と全く違う」の悲鳴も 


2021年10月に行われた第二種電気工事士に関するまとめです 合格基準、予備校等の解答速報のリンク、受験生の感想などをまとめました。

合格基準

第二種電気工事士】難易度はどれくらい? 筆記試験の合格率は例年60%前後で、技能試験の合格率は70%前後です。 半数以上は合格しているため、国家資格の中では難易度は低い部類だといえます。 また、種電気工事士と比較した場合でも、合格率は高くなっています。

1.総括 筆記試験の受験者数は75,066人でした。 第二種電気工事士試験委員会において、合格基準点は60点以上と決定されました。 その結果、53,026人が合格し、合格率は70.6%となりました。
引用元:www.shiken.or.jp(引用元へはこちらから)

解答速報

試験の問題と解答 | ECEE 一般財団法人電気技術者試験センター

第二種電気工事士-筆記解答速報2021年【電気資格対策センター】

2021年度(令和3年) 第二種電気工事士 筆記解答速報 公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です