【京王線テロ】犯人の服部恭太容疑者、福岡市から7月に上京していた

京王線内で複数の人が刃物で切りつけられ放火された事件、犯人の服部容疑者は7月に福岡市から上京していたことが判明しました。
ジョーカーに対し憧れを持ちコスプレ姿で渋谷を歩いていたとの情報も。

特急列車で犯行を狙った理由については、「駅と駅の間の走行時間が長く、犯行に適していた。(8月に発生した)小田急線の刺傷事件を参考にした」という趣旨の説明をしているという。

出典:京王線刺傷 男が「仕事や友人関係がうまくいかず大量殺人を計画」 – ライブドアニュース

また、捜査関係者によりますと、服部容疑者は福岡市の出身で「ことし7月ごろに上京した」と説明しているということです。

出典:京王線乗客切りつけ「ハロウィーンで人が多い電車狙った」供述|NHK 首都圏のニュース

「人を殺すジョーカーにあこがれていた。犯行の勝負服として購入した」などと話している。

出典:京王線刺傷 男が「仕事や友人関係がうまくいかず大量殺人を計画」 – ライブドアニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です