RIPSLYME(リップスライム)メンバー PES(ペス)へのいじめを否定「いじめはなかった」その真相は? 

11月22日リップスライムは、動画をアップし、報道にあったPESへのいじめを否定した。

PESは11月1日に自身の公式サイトにて「2017年9月、さまざまな理由から今後RIPSLYMEのメンバーとして活動を続けることが困難であると判断し、事務所とグループを辞めさせていただきました」と説明。「こう言った形での報告になってしまい申し訳ありません。その後、彼ら3人には何度も心を折られているので、また同じステージに立つことは想像すら出来ません」と心境をつづっていた。

この日投稿された動画で、RYO-Zは、PESについて「2017年にRIP SLYMEを脱退しています。これは事実です」と認めた一方、「報道などで言われるようないじめがあったとか、そういう事実は一切ございません。いろんなことを言われておりますけども、その報道で言われるような事実はなかったと僕たちは思っております」とした。



「不安にさせたファンの方たちがいたら、申し訳ございませんでした」と謝罪し、「これからもまだまだ彼らも活躍していくと思いますし、僕らも新しい門出としてこの3人で楽しい音楽、そして楽しいエンターテインメント、そして楽しいライブなどなど、まだやっていきたいと思いますんで、よろしければ応援のほどよろしくお願いいたします」と呼び掛けた。

動画の概要欄では、PES脱退について「メンバー全員にとって、非常にショックな出来事でした。 本来は、脱退の事実を速やかにファンの皆さまにご報告すべきでしたが、グループの活動休止時期とも重なってしまったため、ご報告ができないままとなっておりました」と説明している。

■動画概要欄全文

このたび一部メディア等で報じられた件について、私たちは公に否定をすることは控え続けていました。 しかし、当初の報道からしばらく経った今も、全く身に覚えの無い事実で、私たちの人格を否定するかのようなコメントが寄せ続けられているため、この場をお借りして、本件に関するご説明をさせていただきました。

4年前、元メンバーが脱退を決意したことは、メンバー全員にとって、非常にショックな出来事でした。本来は、脱退の事実を速やかにファンの皆さまにご報告すべきでしたが、グループの活動休止時期とも重なってしまったため、ご報告ができないままとなっておりました。応援していただいているファンの皆さまに、こうした形でご報告することになってしまい、大変心苦しく思っております。

今回の件では、多くの方々にご心配をおかけしてしまいました。ご説明も遅くなってしまい、申し訳ありません。また、今回の騒動の中、多くのファンの皆さまが温かい応援メッセージを送ってくれました。本当にありがとうございます。

今後も、楽しい音楽や動画をお届けできるよう頑張っていきたいと思います。

これからも、応援のほどどうぞよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です