【中日】ロッテ戦力外の大嶺祐太を調査 立浪新政権で剛腕復活へ

中日がロッテを戦力外になった大嶺祐太投手(33)獲得へ本格調査を行っていることが29日、関係者への取材で分かった。  大嶺は2006年高校生ドラフト1巡目で沖縄・八重山商工から入団し、プロ15年間で通算129試合に登板し29勝を挙げた。19年に右肘のトミー・ジョン手術を受け、同年オフに育成契約となったが、翌20年に支配下復帰。今年6月には1軍で約4年ぶりの白星を挙げたが、7月以降は登板がなく、今月26日にロッテから戦力外を通達された。

news.yahoo.co.jp/articles/d01a2…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です