速報!愛知県小牧市の住宅で放火事件 犯人は日本刀を持って「燃えろ燃えろ」と言いながら逃走 顔写真公開

<

30日未明、愛知県小牧市の住宅で起きた火災。 火の粉も舞う中、懸命な消火活動が行われていました。現場に駆けつけた消防車。住宅が立ち並ぶ地域で起きた火災に、辺りは騒然としていました。立ちこめる煙の中、救助される住人。 火は、通報から約3時間後に火の勢いはおさまりましたが、この火災、放火事件だった可能性があるのです。

警察や消防によりますと、火事があったのは、小牧市城山の公務員・滝本裕之さん(64)の住宅。 この住宅では、滝本さんと妻、それに長女(33)と孫(1)のあわせて4人が暮らしていました。 「消防が来てから火の手が急にまわって、かなり火柱が立っている感じ。高い感じで、けっこう高く」(近所の住民) 火災によって、住宅は全焼。滝本さんや長女、孫の3人が煙を吸うなどして病院に搬送されました。命に別条はないということです。

中京テレビNEWS

人々が寝静まっているであろう未明に起きた火災。 出火当時、近所の住民は、ある不可解な声を聞いたと話します。 「言い争う声がして、何かぶつかったのかと思って。『助けて』と『燃えろ、燃えろ』(と聞こえた)」(近所の住民) 誰の声かは分からないものの「燃えろ、燃えろ」などと聞こえたといいます。

さらに、別の住民が聞いたのは…。 「女性が「日本刀を持った人がいるから逃げて」って、結構叫ばれている感じ」(近所の住民) 滝本さんの家族が、「日本刀を持った人がいる」などと叫んでいたといいます。

滝本さんの住宅は2階建て。これまでの捜査で、火の手が上がったのは、1階の台所付近だったことがわかっています。 また、出火当時、滝本さんの家族の誰かが「火炎瓶のようなものを投げ込まれた」などと話していたという情報もあります。 現場からは、男が逃走していて、警察は、この男は、滝本さんの長女と顔見知りとみられ、何らかの方法で住宅に火をつけた疑いもあるとみて行方を追っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です