「NHK契約義務」が受信締結が義務化?テレビが映らない加工も料金徴収 NHK女性側の上告を退ける

<

NHK放送を視聴できないよう加工したテレビを自宅に設置した東京都の女性が、受信契約を締結する義務がないことの確認を求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(堺徹裁判長)は2日付で、女性側の上告を退ける決定をした。 【図解】各国公共放送の受信料制度  女性勝訴とした一審判決を取り消し、NHK側の逆転勝訴とした二審判決が確定した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です