【解答速報】2021年12月 京都・観光文化検定試験 解答発表!

歴史や文化の基本的な知識を問う四者択一式の3級試験は、コロナ前まで平均4500人前後の申し込みで推移。 20年は2841人が受験し、合格率は76.3%だった。 受験機会を増やすことで会場に集まる人を減らすとともに、将来的には受験者の拡大につなげたい考え。 7月は東京会場は設けず、京都会場のみで実施する。

「過去問よりもずっと難しかった」 2021年12月に行われる京都・観光文化検定試験の合格基準、解答速報。

試験内容

●1級
高度な知識レベル(記述:語句・穴埋め:60問、小論文問題:5問以内/90分)

●2級
やや高度な知識レベル(四者択一:100問以内/90分)

●3級
基本的な知識レベル(四者択一:100問/90分)

※試験範囲
① 歴史 史跡
京都の歴史
京都の史跡
② 神社 寺院
京都の神社
京都の寺院
③ 建築 庭園 美術
京都の建築
京都の庭園
京都の美術
④ 芸術 文化
伝統工芸
伝統文化
花街
⑤ 生活 行事
祭と行事
京料理
京菓子
京都のならわし
ことばと伝説
京都の地名
引用元:www.shikakude.com(引用元へはこちらから)

合格基準

合格基準
●1級
記述式・小論文式で合わせて80%以上の正答率で合格となります。

●2級・3級
70%以上の正答率で合格となります。
引用元:www.shikakude.com(引用元へはこちらから)

解答速報

きょうの京都検定と京都検定問題と解答|京都新聞

京都・滋賀を中心にニュースを分かりやすく伝えます。京都のまちの話題や文化、経済、スポーツのニュース、京都観光のニュースなども充実。「京都のポータルサイト」を目指します。京都・観光文化検定解答速報 – 解答速報2021掲示板2ch

京都・観光文化検定解答速報は以下の京都・観光文化検定解答速報掲示板をご利用ください。 まず、今回の傾向とこれからの流れについて見ていきたいと思います。 特に、1個人があたかも正解のように自分の答案を京都・観光文化検定解答速報として晒しているケースは注意が必要です。 そもそも京都・観光文化検定解答速報はあるのか、どこにあるのか、それは正しいのか、本当に早いのかという様々な問題を抱えております(解答解説)。大概の場合、主催団体のホームページに掲載されますので、それを待つということになります。メジャーな試験では各種予備校がこぞって解答速報を即日発行するケースもあります。最近では受講者サービスとして、…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です