【19歳女子高生誘拐】篠原聖奈さんの死因は薬物中毒! 容疑者の自宅に抗不安薬や睡眠薬などの空き殻

【19歳女子高生誘拐】篠原聖奈さんの死因は薬物中毒! 容疑者の自宅に抗不安薬や睡眠薬などの空き殻

女子高校生(19)を自宅に連れ込んだとして、滋賀県警は12日、同県守山市勝部、無職入江公史郎(38)と岐阜県関市池尻、無職金城え夢(21)の両容疑者を未成年者誘拐の疑いで逮捕した。女子高校生はその後、死亡が確認されており、県警が経緯を調べている。

警察は亡くなった篠原聖奈さんは、薬物中毒が原因で死亡し、死亡推定時刻は12日午前6時頃と発表しました。

逮捕されたのは、いずれも無職の入江公史郎容疑者と、金城え夢容疑者です。11日、京都市の自宅から入江容疑者のアパートに連れ込まれたとみられる篠原聖奈さんは、12日朝、室内の廊下で倒れているのを金城容疑者が発見し、その後、死亡が確認されました。

金城容疑者は調べに対し、「3人ともSNSで知り合い、篠原さんと会うのも初めてだった」と話しているということです。

金城容疑者の中高生時代を知る近所の人「普通のおとなしい娘さんではない。どっちかというと“派手系”。ここらへんでは珍しい金髪だった」
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

同署によると、自宅アパートの室内からは約100錠の抗不安薬や睡眠導入剤などの空き殻が見つかったという。違法薬物はなかった。同署は、見つかった薬物と死因の関連を調べている。

 同容疑で逮捕されたのは、守山市の無職の男(38)と、岐阜県関市の無職の女(21)。2人は共謀し、11日午後3時45分ごろ、未成年と知りながら、京都市伏見区の女子高校生を、携帯電話で「知り合いの男の家にいるけど来ない」などと誘い出し、同日午後6時ごろ、男の自宅に連れ込み誘拐した疑いで、12日に逮捕された。守山署は、3人が会員制交流サイト(SNS)で知り合ったとみている。
引用元:nordot.app(引用元へはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です