【大阪ビル火災】犯人男性は重篤状態続く 「重度のアル中だった」西淀川区の自宅を警察が家宅捜査 画像、動画まとめ

<

 大阪市北区曽根崎新地で24人が死亡したビル火災で、大阪府警は60代の男が火元の心療内科クリニックに来院直後に放火したとみて、殺人と現住建造物等放火の容疑で捜査本部を設置した。

「男は雑居ビル4階のエレベーターから降り、すぐ前のクリニックのフロアに手にしていた紙袋を置いて、暖房機器を蹴り倒したところ、火の手が上がったとその場にいて助かった人が話している」(捜査関係者)

クリニックに火を付けたとされるのは、現場から西に約3・5キロ離れた同市西淀川区に住む患者の61歳の男。心肺停止状態で搬送され、容体は重篤という。

 事件が起こる30分前に、男の自宅で火事があり、放火とみられている。男は20数年前に自宅を購入していたが、近所の人はこう話す。

「ここ数年は誰も住んでいませんでした。それが1か月前くらいに急に、男が引っ越してきたので、挨拶しました。17日朝、男の自宅から火が出て、消防車が何台もきて大騒ぎでした。男が自宅に放火したようだと警察から聞きました」

 男の知人によれば、男は西淀川区、淀川区周辺を転々として暮らしていたという。

「北新地の火災があり、西淀川区でも火事があったとニュースで聞いて、もしやと思い、訪ねてみると、男の自宅でした。普通に仕事をしていたと思います。しかし、ここ数年は体調を崩して仕事はしている様子はなく、『福祉のお世話になっている』と話していました。男は酒好きでアルコール依存症になり、火災のあった心療内科クリニックやいくつかの病院に通っていたと聞いた。『病院に行き、いろいろ薬をもらうが、よくならない』と愚痴っていた。そして、酒を飲んでは暴れて、悪態をつく。短気で、酒乱のようなところがあった。コロナ前は自宅近くの飲み屋でもトラブルを起こしていました。だから男を知る別の人も、ひょっとしてと言っていた。ただ、放火と聞いて、そんな大きなことができるような人間ではないと思うのですが……」(男の知人)

 

 大阪府警は18日朝、男の西淀川区の自宅を家宅捜索した。

「男は今も意識はなく、予断を許さない容態です。目撃証言から、男は事前に火がつきやすい油のようなものを準備し、燃えやすい紙袋に入れるなど、犯行は計画的だったと思われる」(前出の捜査関係者)

 火災現場は曽根崎新地の8階建ての雑居ビル「堂島北ビル」の4階にある心療内科クリニック。5人前後の病院スタッフ、患者ら男女28人が救急搬送され、うち24人の死亡が確認された。男を含む3人が今も心肺停止状態で、1人は軽いけが。死亡したのは、男性が14人、女性が10人で身元の確認を急いでいるという。火元となったクリニックに通院していた、50代の女性は現場を訪れ、こう語った。

「クリニックの先生やスタッフの方は優しいひとばかり。無事であってほしいと願うばかりです」

 惨事から一夜明けたビル火災現場には、関係者らが次々と献花に訪れている。

news.yahoo.co.jp/articles/e9c76…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です