【観覧注意】【大阪ビル火災殺人事件】産経新聞の航空写真に丸焦げの人が写ってしまう。 トリアージ救命困難「黒」26人、軽症の「緑」は2人 「 医療が、介入する余地がなかった。」 画像動画まとめ


1時間ほど車を走らせて、午後0時10分ごろ、火災現場に到着した。他の病院からもDMATの医師らが来ていた。先に着いていた医師に状況を聞いた。  救命が困難な「黒タグ」は、26人。軽症の「緑」は2人。中等症や重症を意味する黄色や赤のタグはいないという。  救急治療の対象となる負傷者がおらず、現場に着いて30分ほどで撤収せざるを得ないと判断した。他の病院から来たDMATも同様に撤収していった。  隊員は「医療が、介入する余地がなかった。医療を必要とするレベルを超えていました」と無念さを口にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f25b32bc4709b9120618e4583abacd85e3d04825

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です