【文春】【動画あり】車椅子で歩けない議員 芦屋市の市議・長谷基弘(はせもとひろ)氏(63)「歩いてる動画流出」

<

いま、兵庫県芦屋市議会が紛糾している。問題の渦中にいるのは、芦屋市の市議・長谷基弘氏(63)だ。公式サイトによると、長谷市議は高校3年生の時に「ネフローゼ症候群」 という病気にかかり、ステロイドホルモン剤を大量に投与。しかし薬の副作用で突然足の自由が奪われてしまったのだという。現在は車いすでの生活を余儀なくされているが、「目線が低くなった分だけ、今まで見えなかった物が見えるようになりました」と政治活動を続けている。芦屋市議会にスロープを設置したり、ユニバーサルデザインやバリアフリーの観点から都市計画を進めるよう働きかけたりと尽力している。当選7期目の地元では有名な“車いす議員”

引用 https://bunshun.jp/articles/-/50766?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink

本当に歩けるの?昨日もブログを更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です