【動画】『ジョブチューン元日SP』ファミレスのおにぎり開発女性女を泣かせた代償 小林幸司(こばやしこうじ)氏の店のレビューが大荒れ「自分も食べずにナイフとフォークおいてやろうか」レビュー、店名、画像、動画まとめ

<

1日放送の『ジョブチューン元日SP』(TBS系)で、大手コンビニ『セブンイレブン』『ファミリーマート』『ローソン』の従業員が選んだイチオシ商品を、超一流料理人たちが値段に見合った美味しい商品なのか判定する人気企画が放送されたのですが、その中で1人の料理人が商品の見た目から食べることすら拒否し、商品開発担当の女性社員が涙を流す場面があったことで波紋を広げています。

「ファミリーマートVS超一流料理人」のワンシーンで、ファミリーマートの従業員が選んだイチオシ商品として、4種類のダシを使用したお米が売りという「和風ツナマヨネーズ」(税込み118円)を紹介しました。

審査員の超一流料理人が試食をする中で、イタリアンシェフ・小林幸司さん(63)はおにぎりを一度手にするも、口にすることなく皿へ戻しました。

これに対して司会のアナウンサーが何かありましたか?と聞くと、小林幸司シェフは「いや、ぼくもういいです。(食べなくても結果が出せる?)はい」と答え、味見をした上でのジャッジを促されると、「美味しい、美味しくないは、まず食べてみてじゃないですか。このおにぎりは、僕に食べたいって気にさせない」と険しい表情をしながら語りました。

なかなか食べない小林シェフ

とうとう女性を泣かせててしまう

さらに商品開発は涙ながらに

「こちらの商品は、長年お客様だったり、お店のスタッフの方々に愛されてきた商品で、毎年美味しくできるように、リニューアルを重ねておりまして、味の評価を是非して頂ければと思ってはいるんですが…」

「ごめんなさいね。ビジュアルって大事じゃないですか。美味しい、美味しくないはその後ですよね。食べてみたいという気にならない、このビジュアルが僕の中ではどうしても許せない。」

続けて小林シェフは、

「美味しいご飯って、どうなっていったら美味しいっていったら、ツヤとふっくらじゃないですか。このおにぎりは色んな出汁を使って炊いているし。だったらツナと一緒に炊くとか。油脂分がご飯に回ればツヤも出るし、マヨネーズを使うんだったら、マヨネーズとツナを合わせたのをちょっとだけ中に入れるとか。1個だけ見るんじゃなく、全部トータルで見て、ちょっとずつ進めて行く方がいいのかなと思います」

と述べた。

経営するお店のネットのレビューが大荒れ


+

+

@mnmnmnmn77709

+

演出だとしてもこれはひどい
小林幸司っていう人やばいな
食わないとか何様だよ
てか前々から思ってたけど、この企画自体色々と酷い気がする
料理がうまいから何なの?w

#ジョブチューン
  2022/01/01 18:41:3275223

+

+

それに対してネットでは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です