【拡散希望】【遭難】 富良野スキー場でスノーボードをしていた男性3人が行方不明に 同スキー場の「富良野ZONE」からでる

17日午後3時25分ごろ、北海道富良野市の女性から、「バックカントリー中の夫が帰ってこない」と、北海道警富良野署に通報があった。

 連絡が取れなくなっているのは、通報者の夫の40代男性と、道内居住の30~40代の男性2人。同署は遭難した可能性もあるとして捜索を開始。夜に入り一時中断しているが、18日午前7時から再開する予定。

署によると、男性は知人らと合わせた4人で17日午前9時ごろから、富良野スキー場でスノーボードをしていた。午前11時ごろ、同スキー場の「富良野ZONE」の頂上付近から、バックカントリーと呼ばれるコース外に出たという。

 このうち北見市の40代男性は途中で3人とはぐれ、午前中にコースに戻った。しかし3人の姿がその後も見えないことから、女性に連絡を取り、女性が警察に通報したという。

3人の携帯電話にはつながらない状態が続いているという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です