東京都江戸川区、佐藤優作さん殺害事件 犯人は薬物乱用していた事があきらかに 19歳少女は『さくらばりな』か? 顔写真や実名 流出LINE公開

1月9日の午後3時25分ころ、警視庁に「元カノに刺された」という通報があった。通報主は、東京都江戸川区篠崎のアパートに住む、建設業の佐藤優作さん(25)。昼過ぎの閑静な住宅街にパトカーと救急車が急行し、現場は一時騒然となった。  警察官が駆け付けた時、佐藤さんはアパート脇の駐車場で腹から血を流してうずくまっており、病院に搬送されたが約7時間後に死亡が確認された。警視庁は佐藤さんの同居人で、部屋にいた19歳の少女を殺人未遂容疑で現行犯逮捕。全国紙社会部記者が解説する。 「優作さんと少女は交際関係にあり、昨年4月から同棲していました。部屋のベッドで横になりスマートフォンを操作していた佐藤さんの腹を、少女が包丁で刺したようです。佐藤さんは腹を押さえてなんとか部屋の外まで逃がれて通報したものの、傷が深く死亡してしまいました。少女は『台所の包丁で刺した』と事実を認めており、警視庁は容疑を殺人に切り替えて捜査を進めています」

https://news.yahoo.co.jp/articles/8fe0ea37b9d96609bcf61d7c461f1383e895a1f5

1月9日、東京都江戸川区のアパートの一室で住人の佐藤優作さん(25)が、同棲相手の元カノ(19)に腹を包丁で刺されて死亡する事件が発生しました。

加害者は未成年ということもあり、実名は報じられていませんが、

SNS上で、元カノの名前は『さくらばりな』だという内部告発があったようです。

さらに、被害者知人により、LINEが流出し、薬物利用をしていた事実が明らかになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です