【文春】【中華そば堀川(ラーメンほりかわ)】店主「堀川将太」(ほりかわしょうた)女性従業員の傷害容疑で逮捕されていた 店の口コミが荒れてしまう 顔写真、画像動画まとめ

《被害女性従業員が涙の告発》「突然顔にグーパンチが飛んできました」ミシュラン掲載有名ラーメン店主が傷害事件で逮捕されていた から続く 「ミシュランガイド東京2022」に掲載された有名ラーメン店「中華そば 堀川」で暴行事件が起きていた。2021年9月5日、6日に店主のB氏が元女性従業員のA子さんに合わせて10時間以上にわたって断続的に暴行を加え、同年11月30日に傷害容疑で逮捕された。  B氏から受けた被害について、A子さんは涙ながらに告発する。 「Bは私を殴る時間の事を“パーティ”と呼んでいました。9月5日の営業終了後に、最後のお客さんが出て行くと同時にBは作業を止めて、厨房で私のことをいきなり激しく殴り始めたんです。私の体感としては2、3分くらいずっと。倒れても暴行は止まらず、もう上下や左右の感覚もなくなって、どこをどう殴られたのかも分からないくらいめちゃくちゃな状態でした」

「このアツアツのフライパンお前につけてええか?」

 一度暴行が収まった後にA子さんは片付けを始め、B氏は翌日の仕込みに着手した。残っている作業を片付けないとまた殴られるのではと怖くなったA子さんだが、B氏の行為はエスカレートしていった。 「私がコップを拭いている時に、Bが『このアツアツのフライパンお前につけてええか?』と、チャーシューを焼いていたフライパンを持って近づいてきたんです。怒っているんだけど楽しそうに笑ってもいる顔が怖くて、本当にやられると思って走って店の入口のドアを開けて逃げようとしました。するとBがすごい剣幕で『何してんねん、はよ閉めろ。外から見えるやん、台無しにするつもりか?』と追っかけてきました。Bに腕を掴まれて外に出ることはできず、扉と鍵を閉められて店内に連れ戻されました。フライパンを熱が伝わるくらい顔に近づけられ、その間も『ホンマに最悪』と繰り返していました。あまりの恐怖に震えが止まりませんでした。その後も殴る蹴るの暴行が続き、気持ち悪くなってトイレに駆け込んで吐いてしまいました」  吐き気はどうにか収まったものの厨房に戻るのを躊躇していたA子さんに、B氏は追い打ちをかけるように卵を全力で投げつけたという。割れた卵の掃除をしたのもA子さんだった。さらにB氏は、物理的に殴るだけでなく精神的にもA子さんを追い込んでいった。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/29bbac845a89d5b4f3c4e0d9ceaab66b67b454f4

「中華そば堀川」のパワハラが話題に

 一度暴行が収まった後にA子さんは片付けを始め、B氏は翌日の仕込みに着手した。残っている作業を片付けないとまた殴られるのではと怖くなったA子さんだが、B氏の行為はエスカレートしていった。

「私がコップを拭いている時に、Bが『このアツアツのフライパンお前につけてええか?』と、チャーシューを焼いていたフライパンを持って近づいてきたんです。怒っているんだけど楽しそうに笑ってもいる顔が怖くて、本当にやられると思って走って店の入口のドアを開けて逃げようとしました。するとBがすごい剣幕で『何してんねん、はよ閉めろ。外から見えるやん、台無しにするつもりか?』と追っかけてきました。Bに腕を掴まれて外に出ることはできず、扉と鍵を閉められて店内に連れ戻されました。フライパンを熱が伝わるくらい顔に近づけられ、その間も『ホンマに最悪』と繰り返していました。あまりの恐怖に震えが止まりませんでした。その後も殴る蹴るの暴行が続き、気持ち悪くなってトイレに駆け込んで吐いてしまいました」

さらにB氏は高速で回転する刃のついたミキサーを持つと、A子さんの手を掴んでその中に入れようとした。A子さんが身を守るためにオンにしていた録音機の中に、その時の生々しい会話が残っている。

B氏「手入れろ、手」

A子さん「すみません、できないです」

B氏「は? ほんならおまえほら、スピード落としたるわ。これやったらええやろ?」

A子さん「スピードとかじゃなくて……」

B氏「これやったら大丈夫やろ。これ3、2、1の2にしたるわ」

A子さん「すみません」

B氏「ターボこれやで?」(ハンドミキサーをターボモードに強める)

A子さん「2も1もターボもできないです」

B氏「これやったらできるやろ?」(ミキサーの速度を1にする)

A子さん「1もできないです」

B氏「手いる? 指いらんやろ、どうせ何もできひんねんから。その方が言い訳できるやんか、手ないからって。ちゃうか? それもそうやなとおもたんちゃうか? 言い訳できるやん。指がないんで仕事できないです。ああん? その方がええやんけ。ちゃう? ちゃうか? ええ?」
引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

ネットでの口コミも荒れる。。。

自由が丘で用事があり、美味しいラーメンが食べたいなと思い昼時にお邪魔しました。 ジャンル、値段問わずいろんな飲食店に行かさせて頂きますが、え?ここまで無礼で残念に感じた飲食店はなかなかないと思ってしまいました。 覚えてる範囲ですが、 1.これから食べるのを楽しみに並んでるお客さんが並びのルールを少しでも間違えたら(30分並ぶ時もある)、眉間にシワを寄せながら接客業とは思えないキレぶり。 線を少しでも越えたとか越えてないとか。 ちなみに私は注意されてません。 2.入店してもコロナ禍とは言えど細かすぎるルールに気を遣うばかりで疲れてしまう。 1回目の緊急事態宣言の病院かと思ってしまった。 3.店内は妙な緊張感、店主が出すピリピリ感でとても楽しんで食事をできる場所ではない。 4.入店前のスタッフと入店後の店主に同じ説明をされ、厨房は店主1人、ホールはスタッフ1名のため、あきらかに忙しそうだから、店主が話してる最中ではあるが、説明聞きましたので大丈夫ですよ!と伝えると、こちらを見ながらにやけた表情で顔を傾げ無視。 5.ラーメンを提供される時、私には無言、隣の連れには『お待たせいたしました』と。 6.退店時にご馳走様でした!とお礼を伝えても無視。 当然ありがとうございました!と言われる事はない。 んーなんでしょう。 店主の堀川将太さん35歳とかですか? 若いからしょうがないと言いたいですが、私より全然歳上ですし、幼稚すぎる言動にはドン引きです。 勉強してくださいとしか言えません。 学生時代ひどいイジメにでもあって人に普通に接する事ができないのでしょうか。 劣等感しか感じれません。 人として改善される事を願ってます。 値段は1流 味は2流 態度はただの輩 これが私の感想です。

店主の態度によって極めて不快な思いにさせられます。同じ気持ちになる人を増やしたくない、かつ、切に改善して欲しいので以下投稿します。 ・店前の並び位置への店主のこだわりがとても強いです。並んでる最中に少しでもはみ出たら大変不愉快な物言いで注意されます。しかし実際にはかなり狭いスペース故、全員が常時全くはみ出さないことは難しいです。 ・記名表の記入ルールも間違えやすい設定です。これだけ記入表を巡るトラブル口コミが多いのは、いくら注意書きが詳細であっても、間違えやすい仕組みになっているからです。 店主Twitterを見たところ、お客様は偉い人ではないので、ルール破りにはそれなりの対応をする旨の記載がありました。しかし今は違反者が増えざるを得ない仕組みになっています。まずは工夫して、誰もがルールを守りやすい仕組み作りをして頂きたいです。ヒューマンエラーを排除出来ていないのは店主の責任であり、現状はただシステムが拙いです。 ルール破りへの注意についても、常識の範囲の物言いがあると思います。当然お客様は神様では無いですが、店主も神様では無いです。ここで口コミしている人の多くはそれが言いたいのだと思います。実態として守るのが難しいルール設定にしているのは店主自身にも関わらず、自分の怒りをコントロールする努力が足りていないと思います。今のやり方は正義でもなんでもなく、ただ店主の未熟さの現れです。 現時点では地域の恥です。食べログもミシュランも信用しなくなったのはこの店がきっかけです。今のあり方が誤りだということに気付いて頂きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です