報道特集で『アサリ産地偽装』が話題に! 中国産のアサリをトラックに積み込み海岸に巻く 「熊本産アサリは中国や韓国産もう食べない」

▽急増するオミクロン株。懸念されるのが、子どもへの感染の広がりだ。数少ない「小児集中治療室」を持つ病院を取材。軽症者も侮れない後遺症の実態や、経済維持との両立めぐる議論も。▽3年に及ぶ取材で明らかになったのは、中国産アサリが巧妙に産地偽装され、国産として全国に広く流通している実態だった。輸入された港から偽装現場までを徹底追跡!産地偽装を止めようと立ち上がった人たちの動きも追った。
引用元:www.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です