【朗報】人気不登校小学生ユーチューバー「ゆたぽん」を中傷、30代ケンモメンに慰謝料60万円の賠償命令 ゆたぽん半分は学校に行っていたことが判明?

記事によると 少年は、小学生の時に不登校となった経験を踏まえ「不登校は不幸じゃない」などのメッセージをYouTubeで発信している。  判決などによると、男性は2021年7月27日、ニュースサイト「ニコニコニュース」に掲載された少年に関する記事のコメント欄に「このごみガキ定期的に上がるけどさ、マジで学校行ってないの?」「5年後一家心中とかで馬鹿にされそうだわ」などと匿名で投稿した。  判決理由で岩田裁判官は、表現の内容や回数などから「少年の人格的利益を侵害した」と認定した。  判決後に産経新聞の取材に応じた少年の父、中村幸也さんによると、少年に対するネット上での誹謗中傷は、少年がメディアに取り上げられるようになった19年ごろから急増。これまでに投稿者が謝罪するなどして示談に至ったケースだけでも50件超に上るといい「裁判費用は完全に赤字だが、『匿名なら何でも書き込んでいい』というネット環境を変えたい」と訴えた。 引用元:www.itmedia.co.jp(引用元へはこちらから) 誹謗中傷の裁判記録より 1 原告  原告中村ゆたか(12歳)は、小学3年生の頃、通っていいた小学校で、宿題をしてこなかったことをきっかけに、YouTuberゆたぼんとして活動を始め、現在チャンネル登録数12万人を超えるYouTubeアカウント(少年革命家ゆたぼんちゃんねる)を運営している(甲1及び2)。 これに対して、インターネットを中心に、原告が義務教育である小学校を時に欠席しつつ、YouTubeをしていることや、それを許容している原告の両親(特に父親の中村幸也)について、これまでも様々な賛否が起きることがあった。もっとも、実際には原告は毎日通学していないものの、週の半分以上は学校に行っている。 引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です