【池袋パパ活殺人事件】藤井遥容疑者は知的障害があり小林兄弟に稼いだ金を貢がせていた事が明らかに「容姿コンプレックスを指摘されたか」 無罪か

池袋のホテルで起こった殺害事件の真相が文春によって明らかになりました。

どうやら小林兄弟が、藤井遥さんを利用して、パパ活をさせて、金を貢がせていたようです。

二人は売春斡旋の罪にもなりそうです。

「藤井容疑者はパパ活の常習者で、背景には小林兄弟の存在がある。
兄の優介はオンラインゲーム上で藤井容疑者と出会い、自分に好意を抱いていた藤井容疑者からパパ活で稼いだ多額の金を貢がせていた。

藤井容疑者は広島県出身で、軽度の知的障害があり、障害者手帳も所持していました。
小林兄弟がネットの出会い系サイトで女性を演じて客を探し、藤井容疑者に売春をさせていた可能性が高い」

弟の翔太容疑者は西八王子駅付近の小さなマンションに住んでいた。
病弱な母親との暮らし、アルバイトと生活保護を受けながら母親の面倒をみていた。兄の優介容疑者や藤井容疑者もこのマンションに出入りしていたようだ。

引用元:bunshun.jp(引用元へはこちらから)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です