【大友祐介(おおともゆうすけ)容疑者(45)】顔写真公開 宮城県白石区殺人未遂事件で逮捕

宮城県白石市の路上で1月25日夜、50代の男性が腹を刺された殺人未遂事件で、自称派遣社員の45歳の男が逮捕されました。

殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、宮城県白石市鷹巣西1丁目に住む自称派遣社員、大友祐介容疑者(45)です。

警察の調べによりますと、大友容疑者は25日午後11時25分ごろ、白石市鷹巣西1丁目の路上で、蔵王町に住む55歳の会社員の男性の腹を刃物で刺し、けがをさせた疑いがもたれています。刺された男性は病院に運ばれ、治療を受けています。

調べに対し、大友容疑者は容疑を認めていて、「うるさかった」と話しているということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です